国旗と国歌

【内閣総理大臣の談話】(平成11年8月9日)


 国旗と国歌は、いずれの国でも、国家の象徴として大切に扱われいているものであり、国家にとって、なくてはならないものであります。また、国旗と国歌は、国民の間に定着することを通じ、国民のアイデンティティーの証として重要な役割を果たしいるものと考えております。
 我が国の国旗である「日章旗」と国歌である「君が代」は、いずれも長い歴史を有しており、既に慣習法として定着していたものでありますが、21世紀を目前にして、今回、成文法でその根拠が明確に規定されたことは、誠に意義深いものがあります。
 また、我が国のみならず他国の国旗と国歌についても尊重する教育が適切に行われることを通じて、次代を担う子どもたちが、国際社会で必要とされるマナーを身につけ、尊敬される日本人として成長することを期待いたしております。


国旗



国歌



日の丸のある街


正月の風景 銀座・浅草
 

 

 

国旗のある風景


 

スポーツと日の丸


 

 

2020五輪1000日前記念


206ヵ国の国旗掲揚(毎日新聞本社ビル壁面) 国旗提供 株式会社アテナ